【種類別】新幹線の切符の入手法

クレジットカードで新幹線切符を換金する手順と方法
Home » 新幹線の切符換金手順 » 【種類別】新幹線の切符の入手法
新幹線の切符換金手順 | 04月28日更新

【種類別】新幹線の切符の入手法

新幹線の切符は現金化でおすすめな商品とされていますが、今までに一度も新幹線の切符を購入したことがない人にとっては入手法が分からないと思います。
そこで、新幹線の切符の入手法についてご紹介していきたいと思います。

・新幹線の切符はどこで購入できるの?
新幹線の切符の入手法は4種類あり、インターネットを使ったやり方と窓口や駅の販売所から購入する方法、旅行会社から購入する方法などがあります。
新幹線の切符を購入するときは片道分のみや往復切符、回数券などの切符を購入できます。
インターネットを通して新幹線の切符を購入するときは、自分が購入する切符を選んで支払い方法でカード決済を選択するだけです。
この方法であれば特に誰かと接触することなく切符を購入できるので、怪しまれる危険もありません。

・窓口から新幹線の切符を購入する方法
みどりの窓口から新幹線の切符を購入する方法は、まず窓口に行き自分の行き先と乗車日、乗車日時を伝えます。
すると、自分の希望に合った切符を提案してくれ、指定席の空きや自由席などを選択できます。
また、片道分の切符や往復切符、回数券などの種類を選択し、その料金をカード決済で購入します。
切符を購入するとその場で新幹線の切符を手渡しでもらえるので、列車が発車する2日前までに払い戻しをするか、インターネットのオークションで販売するのがおすすめです。
現金化をするときは指定席の方が高く換金できるので、現金化を目的で新幹線の切符を購入する場合は指定席で切符を購入しておいたほうがいいでしょう。

このように新幹線の切符はインターネットや窓口などから簡単に購入できます。
時間がないようであればインターネットを利用し、普段仕事で利用している駅であれば窓口から購入してみてもいいでしょう。
用途に合わせて入手法を選択できるので、時間がない人でも買いやすいという特徴があります。
また、換金する金額を高くしたいのであれば、利用頻度が高くなる時期の切符を購入したり、指定席の切符を買っておくのがおすすめです。

top